◆会社概要

◆アクセス地図


会社名  株式会社リブレライフ

代表者   町田 建治

所在地   〒104-0041
        東京都中央区新富二丁目4番4号
        ソーエイビル3F

電話番号 03-3537-0366

FAX番号 03-3537-0367

 設 立  平成12年3月

 URL http://www.riblelife.com

 メール 代表アドレス


弊社へのアクセス

東京メトロ:有楽町線【新富町駅】3番出口より徒歩1分
東京メトロ:日比谷線【築地駅】4番出口より徒歩5分

GoogleMapで地図を見る

アクセス地図



.

創業の志

弊社は米ぬかを美味しい食糧資源として普及するため創業され、2015年の3月に15周年を迎えました。弊社製の「ほんのり甘く香ばしい米ぬか」製品は、いまや多くの固定客に支えられており、おかげさまで、今後のお客様への「お役立ち」と弊社の成長領域が明確になりつつあるところです。

 弊社を創業した現社長の町田建治は、昭和36年から約40年間にわたり、某冷凍食品メーカーで 「うまい・安い・簡単・便利」を追求した商品の開発と販売業務に携わってきました。

 しかし、その当時から、「生命力のもとになる食の役割」という観点からみると、大手食品メーカーの製品には満足できるものがなく、漠然とした危機感と「何か、変だな」という問題意識をもっていたといいます。

 そして現在、いまだに多くの加工食品メーカーが同じような商品レベルから進化できず低迷しているというのです。






いま現代医療は

糖尿病や欧米型ガンなど「豊かな食生活が招く疾病」には全く無力です。
その主な原因は食生活習慣にありますが、「元気で長生き」に役立つはずの現代栄養学は
「飽食時代にあった健全な食材選択」への指針を示すことができずにいます。このようなことが因果関係となっているのでしょうか、せっかく巡ってきている大きな潜在市場ニーズに対して、「新しい時代の食品開発」に着手している食品メーカーが極めて少ない状況です。

いまこそ、元気で長生きの食生活習慣に役立つ

「自然の恵みを丸ごと活かした食材」を創っていく必要があるのです。
ここに、弊社創業の志を置くとともに、その食品素材を「米ぬか」に定めることになったのです。
そして現在、10周年を迎えることができた次第です。
現代医療

お米の稲は、夏の強烈な陽射しを浴びて育ちます。

この強力な紫外線から種を守るため、お米の表面を包むぬか層には、各種の抗酸化成分が凝縮されています。その「太陽の恵み」を丸ごと活かした製品には、現代人に不足している体や肌にいい成分が豊富に含まれています。

白米=玄米−米ぬか、玄米=白米+米ぬか です。

いま、玄米ご飯の愛好者は2%以下のごく少数派で、殆どの家庭では白米を食べています。
玄米が体にいいことは誰もが知っていますが・・・
意外なことですが、米ぬかに玄米栄養成分量の95%が含まれていることは余り知られていません。
そこに、米ぬかそのものを美味しく食べられる食料資源にする意義があるのです。
太陽の恵み



.

◆放射性物質検査体制について◆





代表・町田建治 私たちリブレライフでは、有効活用されていない年間80万トンもの米ぬかをなんとか美味しく摂る事はできないものかと、開発を続けてまいりました。

そして、「日本人の健康を取り戻したい!」その思いを旨に、社員一同が一丸となって研究した結果、玄米栄養成分の宝庫、つまり米ぬかを特許製法で「おいしい米ぬか」の製品づくりに成功しました。

 食糧安全保障の面や国民の健康維持の面から、この「おいしい米ぬか」開発が、東京都中小企業振興公社から高く評価され、2005年7月に弊社商品は、普及支援対象商品に選ばれました。

今後も、より一層の努力と、皆様の健康を願い、私たちリブレライフは挑戦し続けます。
株式会社リブレライフ 代表取締役 sign